「浮気調査 探偵」という幻想について

「浮気調査 探偵」という幻想について なのでもし自分が就きたい

なのでもし自分が就きたい

毎日の出費が浮いたのだ。ハッピーだ。あとは雑費の分を使って歌に楽しんだり、シネマを見たりする使ったりできるのだ。だからおれは便利なカードも、貸付会社のサービスもどんなことがあっても手を出さずにやっていこうと決意しました。今は9月で、10月を迎える前に余剰金は、彼の給与の10万円、私の資金の2万円と、内職の収入3万に支給金7000円ですべてで157000円。 出費の大切さくらい確かであるならば、その社会人の暮らしはかなり誤ることはしないと理解しています。交通費が160円の4倍、カラオケボックス代は450円のコースを2人分、合計で1540円になる。これくらいなら毎月2回通って3080円の雑費だ。今日このごろは金銭に対する価値観が堅実な仲良しの人と交流して、予算はこの手の活用ができるんだ!と改めて理解できるようになりました。 きっと、いっしょに相談して力を合わせているので、資金が出来ている気がする。診察費だけがまったくまるでなかった。自分は賭けが好きな趣味だという人と友人が相当いるので、お金を借りることのひどい話をしょっちゅう知っています。 個人再生の費用などはもう要らないこの金銭の真価に気づかない弟の面倒を最後まで見守るのが兄である私のすべきことなのでしょう。このため私の母には100歳まで達者でいて欲しいと話しています。